• 遍路巡礼代行参拝サービス

弘法大師(空海774~835)は、平安時代初期の高僧で、真言宗の開祖として知られています。
十五才で京に出て勉学に励みましたが、生地である四国の山や海辺に修行を求め霊場を開くという青年時代を過ごしました。

弘法大師の没後、平安末期頃から真言宗の僧侶たちによって、これらの修行の足跡を聖地として巡礼する四国遍路が生まれました。

お遍路では、この八十八ヶ所の札所を巡ることで、弘法大師の功徳が得られるとされています。

四国八十八箇所
お遍路巡礼代行参拝サービス
屋号:同行二人 空海堂
徳島県板野郡藍住町乙瀬字出来地44-9
浜田義文
TEL&FAX 088-692-0978
携帯電話 090-8971-5024
E-mail sikoku88dairisanpai★gmail.com
お気軽にご相談ください。浜田義文
この手で一ヵ寺一ヵ寺大切に納経し御朱印、黒書を頂きながら御依頼主様のお気持ちを弘法大師様へお伝えいたします。

遍路巡礼代行参拝サービス

Outline

御依頼者様の心と共に空海の辿った山河を巡り一ヵ寺一ヵ寺を大切に参拝納経し御朱印を頂いて参ります。(御依頼主様の氏名、簡単な御住所を記した納め札を各寺院へ納めます。)
納め札は御希望が御座いましたら御依頼主様本人にて御記入して頂く事も可能です。基本当方で代筆致します。

御身体の御不自由な方、御高齢の為長旅に自信の無い方、時間的に余裕の無い方、御先祖様の御供養をお考えの方は是非御相談をお待ちしております。

また御自身で何ヵ寺か巡られた後、残りの札所へどうしても行かれない場合や高野山のみ行かれていない場合等御座いましたら是非御相談下さい。一ヵ寺よりお引き受けいたします。

参拝代行を依頼されますと、本人に代わってお遍路となり四国八十八箇所の霊場を巡り納経後、高野山奥の院にて御朱印と黒書を授かって参ります。頂いたご朱印などをご自宅またはご指定場所までお送りいたします。
三論宗・法相宗・華厳宗・律宗・倶舎宗・成実宗・天台宗・真言宗・融通念仏宗・浄土宗・臨済宗・曹洞宗・浄土真宗・日蓮宗・時宗・普化宗・黄檗宗・修験宗等各宗派関係なく弘法大師様の御利益を賜ることが出来ます。

お遍路代行を依頼することでも御利益の効果は変わりません。

お参り手順

  • 山門や仁王門に一礼して境内に入る。
  • 手水鉢(水がきれいな場合は口をすすぐ)で手を清める。
  • 鐘楼で鐘を撞く。
    (お寺によっては禁止しているところもある。また、参拝後は鐘を撞かない。)
  • まず、本堂で線香、灯明をあげ、お賽銭を納める。
    写経、納め札を所定の場所におさめる。
    般若心経を唱え、それぞれのご本尊と光明真言、ご宝号(南無大師遍照金剛)を三回繰り返し、回向を唱える。
  • 大師堂に向かい、 灯明をあげ、お賽銭を納める。
    写経、納め札を所定の場所におさめる。
    般若心経を唱え、光明真言、ご宝号(南無大師遍照金剛)を三回繰り返し、回向を唱える。
  • 山門を出るとき、手を合わせ一礼し、左足から出る。