• お仏壇、墓石のご用命も空海堂へお任せください!

弘法大師(空海774~835)は、平安時代初期の高僧で、真言宗の開祖として知られています。
十五才で京に出て勉学に励みましたが、生地である四国の山や海辺に修行を求め霊場を開くという青年時代を過ごしました。

弘法大師の没後、平安末期頃から真言宗の僧侶たちによって、これらの修行の足跡を聖地として巡礼する四国遍路が生まれました。

お遍路では、この八十八ヶ所の札所を巡ることで、弘法大師の功徳が得られるとされています。

四国八十八箇所
お遍路巡礼代行参拝サービス
屋号:同行二人 空海堂
徳島県板野郡藍住町乙瀬字出来地44-9
浜田義文
TEL&FAX 088-692-0978
携帯電話 090-8971-5024
E-mail sikoku88dairisanpai★gmail.com
お気軽にご相談ください。浜田義文
この手で一ヵ寺一ヵ寺大切に納経し御朱印、黒書を頂きながら御依頼主様のお気持ちを弘法大師様へお伝えいたします。

お仏壇、墓石のご用命も空海堂へお任せください!

大手仏壇仏具、墓石代理店である弊社ならではの高品質低価格で御提案致します。

徳島の仏壇仏具
オリジナル性の高い高級唐木仏壇の製造では群を抜いた産地である徳島県。
徳島仏壇とは、徳島県徳島市周辺で生産される唐木仏壇のこと。徳島は唐木仏壇の産地としては全国随一であり、伝統的な高い技術で作られた高級唐木仏壇が製造されています。

特徴 
徳島は唐木仏壇製造に於いて全国No.1の生産量を誇り木目の美しさを生かしたデザインが特徴です。
高価高級な材料(黒檀、紫檀、鉄刀木、本欅、上桜、槐、屋久杉、楡)などが使用されています。
高級品産地としての技術力は高くオリジナル性を持ち合わせた高級唐木仏壇製造としては全国レベルと比較しても群を抜いた日本一の産地となっております。

歴史
徳島仏壇の起源は藩政時代、徳島県産の椎・樫・桑・栗等で製造したのが始まりであったといわれています。黒檀・紫檀・鉄刀木などを材料とした唐木仏壇製造が開始されたのは大正時代に入って間もない頃。
徳島は元々家具・鏡台の一大産地あり、仏壇の材料も豊富で木工技術っも確かなものを培っていました。また戦後(1945年以降)江戸時代からの歴史と伝統を持つ関西からの技術も流入し徳島仏壇の更なる発展の礎となりました。
主な産地は徳島市を中心とした周辺地に及び、唐木仏壇・経机・仏具の生産高全国第1位を長らく続けております。
同行二人 空海堂が自信をもってお勧めするお仏壇は10年後20年後も安心してお使い出来る「仏様の家」で御座います。納得の品質、納得の価格にてお届け致します。

墓石
石に接する機会の無い方にとって墓石選びは分からない事だらけです。墓石の種類だけとっても何百種類もあり、さらにその中でも石の良し悪しがあります。
一般的な選び方の基準としましては「墓石の形」「石の色」「石種」になります。
値段の相場は石の種類や形状だけでなく地域によっても様々に変わってまいります。
弊社から手配させて頂いた墓石購入金額は全国平均価格より非常に安価となっております。また、購入後のお客様満足度アンケートではほぼ全てのお客様が満足しているとのお答えを頂いております。

仏壇仏具・墓石は是非弊社へお見積りをご請求の上、他社と比べてみて下さい。
お客様第一主義を掲げる弊社の姿勢がお分かり頂ける筈です!!