• 四国別格二十霊場代理参拝

弘法大師(空海774~835)は、平安時代初期の高僧で、真言宗の開祖として知られています。
十五才で京に出て勉学に励みましたが、生地である四国の山や海辺に修行を求め霊場を開くという青年時代を過ごしました。

弘法大師の没後、平安末期頃から真言宗の僧侶たちによって、これらの修行の足跡を聖地として巡礼する四国遍路が生まれました。

お遍路では、この八十八ヶ所の札所を巡ることで、弘法大師の功徳が得られるとされています。

四国八十八箇所
お遍路巡礼代行参拝サービス
屋号:同行二人 空海堂
徳島県板野郡藍住町乙瀬字出来地44-9
浜田義文
TEL&FAX 088-692-0978
携帯電話 090-8971-5024
E-mail sikoku88dairisanpai★gmail.com
お気軽にご相談ください。浜田義文
この手で一ヵ寺一ヵ寺大切に納経し御朱印、黒書を頂きながら御依頼主様のお気持ちを弘法大師様へお伝えいたします。

四国別格二十霊場代理参拝

四国八十八ヵ所と合わせて百八煩悩消滅の巡礼です。

 空海(弘法大師)は四国に、四国八十八箇所のほかにも数多くの足跡を残しており、それらは番外霊場(後述)として人々の信仰を集めてきた。それらの番外霊場のうち20の寺院が集まって、1968年(昭和43年)に霊場として創設されたものが四国別格二十霊場(しこくべっかくにじゅうれいじょう)である。 四国八十八箇所に四国別格二十霊場を加えると百八となり、人間の百八煩悩と同じになることから「煩悩を滅するのもよし」と、この霊場を四国八十八箇所と合わせて参拝することを薦めています。

 四国八十八箇所に比べると遍路する者は桁違いに少ないといわれる。巡拝方法は定まっておらず、四国八十八箇所の巡拝を終えて改めて巡る、あるいは四国八十八箇所巡拝の道中に立ち寄りながら一緒に回るなど、巡拝者の都合により様々である。ただし、遍路道がまだ四国八十八箇所ほど整備されていなかったり、大きく離れていて遠回りすることになる寺院があったり、山頂近くにあるため冬場は雪で困難になるところもあります。
 四国八十八箇所との違いとして、納め札の色は巡拝回数で変わるのではなくて、一般は白、先達は黄、権中先達は赤、中先達は緑、権大先達は銀、大先達は金、特任先達は錦となっている。 また、寺院名入り念珠玉(男性用と女性用と紫檀木の3種類あり、いずれの親玉も霊場会々長の寺で販売)を各寺院で1個ずつ集めて21個揃ったら片手念珠を作れるというのがあります。

霊場一覧
 1番
仏王山 大山寺 (徳島県)
 2番
東明山 童学寺 (徳島県)
 3番
月頂山 慈眼寺 (徳島県)
 4番
八坂山 八坂寺(徳島県)
 5番
高野山 大善寺 (高知県)
 6番
臨海山 福寿寺(愛媛県)
 7番
金山 出石寺 (愛媛県)
 8番
正法山 永徳寺(愛媛県)
 9番
大法山 文珠院 (愛媛県)
 10番
仏法山 興隆寺 (愛媛県)
 11番
生木山 正善寺(愛媛県)
 12番
摩尼山 延命寺(愛媛県)
 13番
金光山 仙龍寺 (愛媛県)
 14番
邦治山 常福寺(愛媛県)
 15番
宝珠山 箸蔵寺 (徳島県)
 16番
巨鼇山 萩原寺 (香川県)
 17番
五穀山 神野寺 (香川県)
 18番
経納山 海岸寺 (香川県)
 19番
寶幢山 香西寺 (香川県)
 20番
福大山 大瀧寺 (徳島県)

以上20ヵ寺、心を込めて代理参拝致します。
(四国別格二十霊場で巡り残し寺院が御座いましたら1ヵ寺より代理参拝承ります)