• 厄除け、厄落し代理参拝サービス

弘法大師(空海774~835)は、平安時代初期の高僧で、真言宗の開祖として知られています。
十五才で京に出て勉学に励みましたが、生地である四国の山や海辺に修行を求め霊場を開くという青年時代を過ごしました。

弘法大師の没後、平安末期頃から真言宗の僧侶たちによって、これらの修行の足跡を聖地として巡礼する四国遍路が生まれました。

お遍路では、この八十八ヶ所の札所を巡ることで、弘法大師の功徳が得られるとされています。

四国八十八箇所
お遍路巡礼代行参拝サービス
屋号:同行二人 空海堂
徳島県板野郡藍住町乙瀬字出来地44-9
浜田義文
TEL&FAX 088-692-0978
携帯電話 090-8971-5024
E-mail sikoku88dairisanpai★gmail.com
お気軽にご相談ください。浜田義文
この手で一ヵ寺一ヵ寺大切に納経し御朱印、黒書を頂きながら御依頼主様のお気持ちを弘法大師様へお伝えいたします。

厄除け、厄落し代理参拝サービス

四国霊場第二十三番札所 薬王寺(やくおうじ)

四国八十八ヶ所霊場で「発心の道場」といわれる徳島県。その第二十三番札所「薬王寺(やくおうじ)」は厄除けの寺として全国的に有名で、年間100万人以上もの参拝者が訪れます。 厄坂と呼ばれる石段に、一段ごとにお賽銭を置きながら厄を落とし寺務所にて御守りを授かってまいります。
一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされている。
いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」を行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習があります。
厄除け、厄落しのお参りを御依頼者に代わり、心を込めて遂行してまいります。
授かった御守りはご自宅または指定場所までお送りさせて頂きます。

代行参拝サービス料金(お賽銭、御守り、諸経費税込み) 5千円也

またご希望の方には護摩供御祈願を承っております。
御祈祷は申し込みによりまして、次の日の早朝の護摩祈祷で修行いたしますので、御安心下さい。
御祈祷料は下記のとおりです。御祈祷のお札を授かりますので御守りと一緒にお送りさせて頂きます。

護摩供規定
1座祈祷(1回祈祷)
3千円也

3座祈祷(3日間祈祷)
5千円也

1ヶ月祈祷(1ヶ月間祈祷)
1万円也

6ヶ月祈祷(6ヶ月間祈祷)
2万円也

1ヶ年祈祷(1ヶ年間祈祷)
3万円也

特別護摩供
(即座に本堂にて護摩祈祷を修行し1ヶ年間常祈祷)
5万円也

特別大護摩供
(即座に本堂にて理趣三昧・護摩祈祷を修行し1ヶ年間常祈祷)
10万円也

大般若・大護摩祈祷(大般若転読・護摩祈祷法会)
20万円也